天下御免!からくり屋敷

登場人物

主人公と仲間たち

田沼意次(たぬま おきつぐ)

老中。
歴代将軍に重用され、老中の座にまで上り詰めた、当代の権力者。
大型刀剣や重い鎧などの強力な武具が装備でき、通常攻撃を得意とする。
体力と攻撃力・防御力は強いが、精神力や敏捷性は低く、方術は使えない。

大黒屋光太夫(だいこくや こうだゆう)

廻船問屋。
田沼意次と懇意の商人で、船頭から身を立てて財を築いた人物。
刀剣や鎧などは装備できないが、多様な武器や防具が装備可能。
様々な補助方術が使え、戦闘において仲間を補佐してくれる。

杉田玄白(すぎた げんぱく)

蘭学医。
平賀源内ら蘭学者仲間と交流し、『解体新書』を著した、最先端の医師。
回復方術を得意とし、戦闘で傷ついた仲間を強力に補佐する。
武士の出身であるため、刀剣類もある程度は装備が可能。

東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)

浮世絵師。
彗星のごとく現れ、多くの著名な作品を残しながら姿を消した、謎の画家。
体力や攻撃力は弱く、強力な武具はあまり装備できないが、
多彩な攻撃方術や、からくり屋敷の探索に役立つ移動方術の使い手。

その他の主要人物

平賀源内(ひらが げんない)

本草学者、蘭学者で発明家。
西洋文化に造詣が深く、エレキテルや火浣布など科学技術の発展に寄与。
浄瑠璃作家や画家、コピーライターなどとしても活躍した、奇才の人。
江戸の街中にからくり屋敷を建てて、田沼意次らを招待した。

松平定信(まつだいら さだのぶ)

白河藩主、後の老中。
8代将軍・徳川吉宗の孫。幼い頃から聡明で、次期将軍に推されていたが、
それを警戒する田沼一派によって、白河藩の養子に出されてしまう。
田沼意次を賄賂政治と批判、田沼失脚後、老中となって寛政の改革を行う。

依頼人たち

本居宣長(もとおり のりなが)

国学者。
『古事記伝』など、日本の古代史研究で知られる学者。
珍しい鈴の収集に熱心で、田沼意次に小さな鈴を集めてくるよう依頼。
見つけた小さな鈴を持って行くと、貴重な品物と交換してくれる。

伊能忠敬(いのう ただたか)

測量学者。
日本全土を測量して、日本の正確な地図の作成に半生を捧げた人物。
田沼意次にからくり屋敷の中で、とある調べ物を依頼。
聞き届けると、歩いた場所が記録される測量地図を、お礼にくれる。

二宮金次郎(にのみや きんじろう)

農政家。二宮尊徳とも。
夢中で本を読みながら歩いているところを、田沼意次にぶつかってしまう。
からくり屋敷の中に置き忘れて来た本を届けてやると、
方術の使えない田沼意次に、方術の有用性を教えてくれる。

蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)

版元。
吉原の案内書を皮切りに、人気作家の浮世絵や洒落本を次々世に送り出す。
田沼意次の協力により、不要な道具を保管する預かり所を始めたほか、
その後も多彩な事業を展開していく。

弥太郎(やたろう)

長屋で俳句の創作にいそしんでいる人物。
田沼意次がからくり屋敷から戻ってくると、
探索していた階に応じて、俳句を詠んでくれる。
俳句を書き留めておくと、後日、重要な品物が手に入るとか。

偉人の仲間たち

武田信玄(たけだ しんげん)

騎馬隊を率いた戦国大名。
高い攻撃力と機動力に加え、強力な武具が装備可能と、
仲間の中では随一の戦闘能力を誇る。
風の力を利用した方術で、多勢相手にも活躍できる。

石川五右衛門(いしかわ ごえもん)

神出鬼没な天下の大盗賊。
方術はあまり使えないが、身のこなしが軽く戦闘能力もそこそこ高い。
意表を突く小技の使い手で、探索に役立つ方術は得意。
仲間にいると、稀少な品物が手に入りやすくなる。

安倍晴明(あべの せいめい)

天地と生死を司る陰陽師。
高い精神力と豊富な気力で、方術の攻撃を得意とするが、
通常攻撃も決して弱くない。
敵の体力や気力を奪ったり、雷や即死の方術を操る。

空海(くうかい)

真言宗の開祖で最高の僧侶。
体力や攻撃力では劣るが、人並み外れた精神力を誇る。
邪を祓う神聖方術を操り、心強い完全蘇生方術を持つ。
足が遅いのが玉にキズで、成長も遅め。

巴御前(ともえごぜん)

主君に忠義を誓った女武士。
強力な武具が装備でき、高い攻撃力と敏捷性を誇る。
戦闘を有利にする技を持ち、会心の一撃を得意とする。
窮地に陥ると、敏捷性と会心の一撃率が高くなる。

北条政子(ほうじょう まさこ)

鎌倉幕府を守った尼将軍。
初期の能力は地味だが、中盤以降の成長が凄まじく、
最後まで体力が衰えない。
敵の方術から身を守る技や、強力な全体回復方術も強い味方。

出雲の阿国(いずもの おくに)

かぶき踊りを広めた舞妓。
装備可能な品物の幅が広く、他よりも回避率が少し高い。
敏捷性がそれなりにあり、
敵を翻弄する補助方術や派手な攻撃方術の使い手。

紫式部(むらさきしきぶ)

『源氏物語』を書いた宮廷女房。
体力・攻撃力ともに低く、戦闘では打たれ弱いものの、
回復に補助に攻撃にと多彩かつ強力な方術の使い手で、
一人何役もの活躍ができる。

※ 本作品は歴史をモチーフとしたフィクションです。登場する人物や事件は実在のものをモチーフとしてはいますが、実際の人物や事件とは設定等をアレンジしています。